• All

沙羅双樹

昨日は妙心寺の東林院へ、普段非公開の塔頭ですが、沙羅双樹の花が咲いている期間の6月15日〜30日は公開されているので行ってきました。
沙羅双樹に関して今まで何の知識も無かったので調べてみると、色々と説はあるようですが、本当の沙羅双樹はインドの高地に自生している木で、日本の寒さには耐えられないので、日本では沙羅双樹の木として代用に夏椿の木を植えたとか。
本当の沙羅双樹も夏椿も一日で花が落ち、そこに諸行無常を感じるということで、お寺に植えてある事が多いそうです。
昨日はかなり蒸し暑かったですが、時々涼しい風が吹いて、良い気分転換になりました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP